[新聞からのネタ](発知恵理子)

かかとのひび割れについて、以前取り上げたが、
それに関する新聞記事が載っていたので紹介

≪ 右足のみをケアした所、4日目から改善が見られた事例 ≫


皮膚の一番外側の表皮は、通常四週間かけて生まれ変わる(ターンオーバー
表皮の中で最も外側にある角層は、部位によって厚さが違う。
顔が平均二十層と薄いのに対し、足の裏、かかと付近は百層以上もある。

足の裏は、皮脂腺がない為、油分が不足し、もともと乾燥し易い。
かかとは、体重がかかるので角質が厚くなり、硬くひび割れ易くなる。
底の薄い靴で歩くと、助長されてしまう。

季節的な乾燥から角質の水分が低下すると、角質の細胞が縮んですき間が出来、
更に外からの刺激を受け易くなる。肌はそこを修復しようと、急いで生まれ変わろうとする。

この早過ぎるターンオーバーでは、細胞が未熟で不完全な為、
角層が正常に働かず、乾燥が進む。
補おうとして、又ターンオーバーが早まる悪循環に陥ってしまう。
どんどん角層の厚みが増して硬い上に、ガサガサに。
この肌の誤作動を「錯覚化」という。体質や加齢の他、
かかとを削り過ぎる事も、悪化させる要因の一つだ。

[対策]
風呂上がりのタイミングなどで、かかとを中心に、足の裏に保湿クリームを塗る。
★ ポイント
 ・ 少し多めと感じるくらいの量にする事。
 ・ 荒れ易いかかと、指の付け根、側面の三カ所は念入りに。
  かかとを包み込むように塗り、足の裏を両手の親指でほぐすと良い。

【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET