「ダイヤルイン」は電話回線に別番号を付加するサービスで
おじさんは、ずっと「月額800円(税別)」だと思っていた。

元(親)番号=契約番号
子番号=追加番号

請求書には、子番号は載ってこないので、
1本追加したら、元番号に「800円」の請求だと思っていたのだ。
それが違う事に最近気づいた。



親番号と子番号それぞれに「800円」掛かるのだ!!
つまり、1本追加すると「1,600円」掛かるのだ!!!!
参考サイト:【ダイヤルイン】電話回線ごとではなく電話番号ごとに着信させるサービス

更に厄介な事に
アナログ回線のダイヤルインと違い、ISDN回線のダイヤルインには、
「グローバル着信」というものがある。

通常の設定は、「グローバル着信あり」
=代表ダイヤルインの代表契約番号には局から着番号情報が送られてこない。

「グローバル着信あり」の場合は、
代表契約番号のダイヤルイン料金が、1本分(800円)安くなるのだそうだ!!
そんな事知ってましたぁ??

参考サイト:【ISDNダイヤルイン】ダイヤルイン契約をしたISDN回線(INS64回線、INS1500回線)をビジネスフォン・PBXに収容
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET