[冊子「奉行EXPRESS 2015 WINTER号」]より

3つの「環境変化と制度改正」
  「Windows Server 2003のサポート終了」
  「マイナンバーの付番・通知開始」
  「ストレスチェック義務化」

2015年7月
■ Windows Server 2003のサポート終了

  2003年にリリースされたサーバOS「Windows Server 2003」のサポートが、2015年7月に終了
  2014年4月にサポートが終了したWindowsXPに続く、IT分野でのビッグインパクトです。

  「Windows10」も年度後半に登場
  Windows 8でスタートボタンとスタートメニューが廃止され、Windows 8.1ではスタートボタンが
  戻ってきたが、Windows 10では愈々スタートメニューも完全復活する。

2015年10月
■ マイナンバーの付番・通知開始

  「マイナンバー」とは、住民票を持つ全ての人に付番される個人固有の個人番号で、
  原則として一生涯、番号の変更はありません。
  マイナンバーと個人情報(所得情報や社会保険情報)を紐づけする事により、
  手続き等の簡易化、迅速化につなげ、更に複数の機関との間での確実な情報連携し、
  「社会保障と税に関する申請や提出の手続きに伴う負担・不備の軽減による公平で
  公正な社会基盤の構築」というメリットを生み出します。



2015年12月
■ ストレスチェック義務化

  (1)従業員50人以上の事業場に対して年1回のストレスチェックを義務づける事
  (2)ストレスチェックの結果を従業員に伝え、申出があれば医師・保健師による
     面接指導を行い、それを保存する事

  企業は面接指導の結果を元に、医師・保健師の意見を踏まえ、業務の転換や
  労働時間の短縮などを行わなければなりません。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET