おじさんの会社では、8月中旬に「お盆休み」がある。
「お盆休み」は祝日ではないので、各企業が自主的に
夏場の暑い期間、休業しますという訳だ。

只、大体どこの会社も同じ時期なので、行楽地は大混雑する。
おじさんは、墓参りに行くだけなので、大した苦労はしない。
逆に、公官庁や金融機関は営業していて、
普段、平日に行けない所でも用事を済ます事が出来て重宝する。

この時期になると、取引先から休業のお知らせが届く。
この場合、「お盆休み」と言うところは少なく「夏季休暇」が一般的だ。

では、「夏季」と「夏期」の違いは何かというと
「夏季」は「夏の季節」で冬であれば「冬季」だ。
「夏期」は「夏の期間」と言う事で、お盆の期間、
例えば、8/13-8/15の3日間ならば「夏期」だ。

「夏期」は夏の一定期間と言う意味で、「夏季」が「夏期」を内包している感じかな。
只、使用法としては、夏にとるお休みと言う意味で「夏季休暇」を使うところが多い。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET