おじさんの職場のある市には、「アダプトプログラム」という制度がある。

市が掃除道具や、ゴミ袋を提供するので
企業が「里親」として一定区画(公園・道路等)を自分の「里子」とみなし、
ボランティアで、定期的に清掃して面倒を見なさいよという制度だ。



要は、530運動の地域分担・継続的清掃の届け出制バージョンだ。

只、これは裏を返せば、本来、市が行うべき公共施設の清掃を
肩代わりさせる事なのではないか。

辞退は出来るのだが、人手不足等、何らかの理由で清掃が出来なかったら、
その時は、市が面倒を見てくれるのだろうか。

まぁ、おじさんの会社は自社内の清掃でも、手が回らないくらいだから
とても、参加する余裕などないが...
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET