中部電力の提供する「「○(まる)っと」ちゅうでん コンプレッサIoT最適運用サービス」
おじさんの職場のようなコンプレッサを複数台所有する製造業に、
IoTを活用してコンプレッサの運転状況を見える化し、運用改善の提案を行うサービス

コンプレッサや配管、タンクなどに通信機能付きの計測装置を設置し、
運転データの分析、電流や圧力データをリアルタイムで見える化すると共に、
運転台数の見直しなど、運用改善に関するレポートの作成提案を行う。

中部電力によると、工場全体で消費される電力の約2割をコンプレッサが
占めており、運用を効率化する事で省エネや経費節減が期待出来るという。

参考:「○(まる)っと」ちゅうでん コンプレッサIoT最適運用サービス概要[PDF:590KB]
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET