おじいちゃんが、眼の調子が悪いという事で眼科に連れて行ったら、
白内障と診断された。

白内障
正常な水晶体は透明で、光をよく通す。しかし、さまざまな原因で
水晶体の中身の蛋白質が変性して、濁ってくる事がある。これが「白内障」。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して
網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下する。

加齢性白内障
白内障はさまざまな原因で起こるが、最も多いのは加齢によるもので、
個人差があるが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁っていく。
糖尿病の合併症として、若い人の発症も増えているそうだから、
おじさんも、気を付けなければいけない。

加齢性白内障は一種の老化現象
おじいちゃんも 御年88歳 なってもしょうがないか...

日帰り手術
まず、右眼を行い、1週間後に左眼を行う。
費用は、単焦点タイプのレンズで保険適用
片目14,320円(1割負担)でした。

手術前後に検査・通院がありますが、貰う目薬が3つもあり、
おじいちゃんが使い分けるのに一苦労していました。

手術をした方の話によると、術後、良く見えるようになった聞きますが
おじいちゃんは、あまり変わらないと言います、ホントかなぁ??
手術後視力測定結果 2.2!!
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET