おじさんの職場の車がパンクした。
車両は、1年前に納車になったハイブリッド車で
走行距離も15,000kmといったところ。



タイヤの劣化はあり得ない状況で、久々にJAFを呼んだ。
職場から近く20分ほどで到着。見て貰ったら3cmほどのビスが刺さっていた。
幸い、詰め物をするだけで治り、タイヤの交換には至らなかった。
修理もその場で済み、牽引も無かったので費用は発生せずに済んだ。

その場で治らず、ディーラーでタイヤ交換が必要となった場合は
JAFは15km圏内迄の牽引は、無償。
勤務先の通常使っているディーラーは25km程離れているので
近場のディーラーへの持ち込みも考えたが、手配せずに済んだ。

会社の車両は全てメンテナンス込みのリース車で、
タイヤ交換はフリーの契約となっているが、フリーと言っても、
摩耗による交換を前提としている。因みに、予測範囲外の修理、
例えば、ホイールキャップの紛失による交換は有償となる。

今回のパンクの場合、ディーラーでタイヤを交換した場合は、
リース会社が費用負担してくれ、詰め物をしたタイヤが、その後、
空気圧の低下やハンドルを取られるなどの異常が発生して
ディーラーで見て貰う場合でも、その点検費用はリース会社が負担してくれるので、
パンク修理に関しては、会社として費用を負担する事はない。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET