おじさんの職場は、年1回は防災訓練を実施している。
只、救助や備蓄体制はまだない。

最近は、自然災害以外にも、会社の存続を脅かす要因に対し、
対策の必要性が問われる事もある。


インシデント(会社の存続を脅かす要因)
・ 自然災害 ・・・ 地震・台風・集中豪雨・噴火など
・ 感染症 ・・・ インフルエンザ(流行性感冒)・ノロウイルス(•感染性胃腸炎)・食中毒など
・ 紛争 ・・・ 戦争・事変・テロなど
・ 機器トラブル ・・・ 交換部品の製造修了など
・ 供給元トラブル ・・・ リコール・経営破綻など

事業継続計画(BCP)とは...
インシデントが発生した場合に備えて、事業を復旧させる為の計画

ISOにも、BCPバージョンがある。ISO23301 2012年5月15日発行
BCMS(事業継続マネジメントシステム)
 国際基準であるから、利害関係者から評価が得易く、
 海外で事業展開している大企業向け
□ ISO 9001(品質),14001(環境)との共通点
 PDCAサイクルや継続的改善などの要求事項の仕組みは同じ(ISO Guide83)
 箇条8条以外は共通の章立てとなっている。
□ ISO 9001,14001との相違点
 ① 平時にBCPの有効性・実行性を確認する「演習」を課す
 ② 要求事項が、平時と有事の二本立てとなっている。
   平時=平常時 有事=インシデント発生時

事業継続計画(BCP)の作成方法
BIA(事業インパクト分析)
事業存続の為の重篤度に従い、業務の優先順位を明確にする
 業務中断による影響の範囲・許容停止時間の推定
 業務再開に要する経営資源(人・設備・情報・技術等)の確保

BCPの3ステップ
① インシデント対応計画 ・・・ 人命優先 防災計画など
② 事業継続計画 ・・・ 代替生産・代替供給方法計画
③ 事業復旧計画 ・・・ 完全復旧迄の年間計画
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET