「貯水槽水道」=水道事業者から供給される水のみを水源とし、その水が一旦、
貯水槽(受水槽や高置・高架水槽)を経由した後、建物の利用者に飲用水として
供給する施設の総称。具体的には、
ビルやマンションのような3階建て以上の建物や、一時に大量の水を使用する所では、
圧力が不足し、十分な水量が確保出来ない事から、一度、受水槽に水を貯めてから
利用する「受水槽式給水」が採用されており、この方式の水道施設を言う。

有効容量(最高水位と最低水位との間に貯留され、適正に利用可能な容量)により
下記の2つに分かれる。

■ 簡易専用水道(有効容量10㎥超え)
  水道法・水道法施行規則により、清掃検査を年1回実施する義務がある。
  建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法・ビル管理法)
■ 小規模貯水槽水道(有効容量10㎥以下)
  各自治体の給水条例により、貯水槽の管理及び自主検査が責務とされる。
  例)愛知中部水道企業団給水条例・同施行規則

○ 管理責任
 水道法では、市町村などの水道事業者が水質の責任を負う範囲を配水管から
 分岐して設けられた給水管及びこれに直結する蛇口から出る水までとしています。
 つまり水道事業者は、「直結式給水」では蛇口から出る水まで、
 「貯水槽水道」(受水槽式給水)では、受水槽に入る前までが水質の責任の範囲です。
 その為、「貯水槽水道」の場合、
 受水槽から蛇口までの管理は、施設の設置者が責任をもって行わなければならない。


○ 管理方法
 ■ 簡易専用水道(水道法第34条の2及び同施行規則第55条・56条)
   厚生労働大臣の登録を受けた機関による水質検査を1年以内ごとに1回受け
   保健所への届け出が義務付けられている。
   水槽の清掃、施設の点検と改善、水質の管理及び給水の停止の措置等を実施する。
 ■ 小規模貯水槽水道(愛知中部水道企業団給水条例第20条の2及び同施行規則第34条の2)
   水槽の清掃、施設の点検と改善、水質の管理及び給水の停止の措置等を実施する。
   (建築物における給水施設の維持管理要領基づく管理基準)

管理人の勤務先の貯水槽は8㎥だったので、小規模貯水槽水道扱いとなり、
各自治体独自の条例(給水条例)による規制を受ける事となる。

小規模貯水槽水道の検査内容
・ 書類の保管状況、施設の状態と簡易の水質検査を合わせた管理状況の検査
  水道法第34条の登録機関等による簡易専用水道と同じ検査を受ける事が
  望ましいとされる。 17,100円(税抜)
・ 給水栓における5項目の水質検査 5,000円(税抜)

名古屋市の場合
平成20年4月から有効容量が10㎥以下の小規模貯水槽の場合でも
清掃実施報告制度を開始し、貯水槽の維持管理の強化が行われている。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET