時流は、float より display: table 推奨のようなので、
floatを使った元記事を、display: tableを使って再現してみた。

多治見市モザイクタイルミュージアム

タイルと言えば、お風呂やトイレのイメージですが
ここはアートの世界でした。観覧料300円
〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2082-5
TEL 0572-43-5101

建物の外観してユニークですが、
観覧も4階からとなります。

雰囲気のある上り階段
1・2階は無料 鑑賞自由
4階フロアは
「藤森照信氏セレクトのモザイクタイルの世界」

”タイルのカーテン"
採光を活かしたスパイラルな飾りは
ミュージアムの誕生を記念して特別に作られたもの

ワァ~、何これ 見た事ない!!

1階にある”タイルカー"
前面ライト部分には「かさ」「はら」(笠原町)
ナンバープレートは「多治見 2009.11」となっている。

受付横にあり、誰でも無料で見られます。
通常、リストタグを使う事が多いが、テキストと画像の幅を変える為、div を使用。
レスポンシブ対応(画像がサイズ的に横並び出来ない場合、縦並びに移動)する為、
各div に 「display: inline-block」を指定している。


表示速度・サイトの評価も、float より display: table の方が良いようだ。
[オマケ] 画像に文字も流してみました。
参考サイト:画像の上に文字列を表示する方法
【スポンサーリンク】

 親カテゴリ : コンピュータ  このカテゴリ : HTML
同じカテゴリの最新記事 (8件)をご紹介


CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET