接写モード」につ続いて、管理人が愛用している
デジカメ SONY DSC-T30の機能紹介

スローシンクロ撮影 ・・・ シャッタースピードを遅くして発光する機能
参考サイト: RICOH フラッシュってどう使うの?

今回は「なばなの里」で夜間撮影して気付いた事

これまで何も考えずに夜間はフラッシュ撮影を使っていたが、
この機種にはフラッシュ撮影に4つの切り替えあった。
「フラッシュオート」「フラッシュ強制発光」
スローシンクロ」「フラッシュ発行禁止」

まぁ、読んで字の如し。これまでは、
普段は「フラッシュオート」か「フラッシュ発行禁止」
夜間は「フラッシュ強制発光」を使っていた。

では、「スローシンクロ」とは何ぞや?
スローシンクロの「スロー」とはシャッタースピードを「遅くする」という
意味での「スロー」で、「シンクロ」とはストロボとの同調、
つまりストロボ撮影を意味するのだ!
参考サイト: 「スローシンクロ撮影法」

で、どんな時に使うというと「暗い場所で背景も明るく撮りたい時」なのだ。
たまたま、今回スローシンクロに合わせて撮ったら
強制発光では人物だけにフラッシュが当たり背景が真っ黒になっていたのが
スローシンクロだと、背景もやや暗いながらもしっかり写す事が出来ました。
今まで何も知らずに使っていたのが恥ずかしい次第。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET