先日、心肺蘇生法・AED(自動体外式除細動器)の取扱の講習会に参加。
その時に聞いた話...

119番は火事か急病の際にかけますが、繋がる先は消防署
管理人のイメージでは赤の消防車・白の救急車のイメージから
乗っている消防隊員・救急隊員は全く別の人だと思っていた。

ところが、小規模な自治体では兼務なのだそうだ。

救急救命士は国家資格です。その為、救急救命士になる為には
救急救命士国家試験を突破する事が必要になりますが、
試験には受験資格が必要で、これは救急救命士法34条で
定められた救急救命士養成所で所定の単位を習得した者にのみ
その資格が与えられます。

また、救急救命士の勤務先のほとんどは消防署である為、
消防官採用試験にも合格する事が必要です。

消防官の資格にプラスして救急救命士の資格があるという事のようです。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET