リースでも、車検証上の使用者の車庫証明は必要となるが、
自分の土地以外の場所を車庫として車庫証明の申請を行う場合
「保管場所使用承諾証明書」(承諾書)の取得費用は使用者負担となる。
但し、申請手続きの代行については、リース料に含める事が出来る。



駐車場の大家さんや管理会社によっては、
保管場所使用承諾証明書の記入に手数料として、
何千円か請求される場合がある。

管理人の勤務先でも営業所の借りている駐車場によってマチマチ
かからない所もあれば、千葉3,000円 熊本2,000円
大阪では駐車場協会加盟の所は10,000円など
注記)自宅の駐車場を利用する場合は「保管場所使用権原疎明書面」(自認書)

車庫証明(正式名:自動車保管場所証明書)の申請条件
◾自動車の使用の本拠の位置から、保管場所が2キロメートル以内にあること。
◾保管場所は、道路から支障なく出入りができ、自動車の全体を収容できること。
◾自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権利を持っていること。


Q)同じ場所で何台も車庫証明は取得出来るの?

A)車庫証明を取った枠は、警察署の所轄で記録がなされています。
つまり、車が転出した事を証明されなければ新たに他の方が車庫証明を取る事は出来ないのです。
その場合は『自動車保管場所変更届』を管轄の警察署に提出する事が必要となります。
呼び名は違いますが、手続きは車庫証明と同じです。
【スポンサーリンク】

 親カテゴリ : 車両関連  このカテゴリ : 免許更新
同じカテゴリの最新記事 (8件)をご紹介


CM一覧 ( 1件)

まだコメントはありません。
Hiro  
リース会社と交渉してみよう

リース会社との折衝によっては「保管場所使用承諾証明書の記入手数料」を
負担させる事も可能な場合もあるようだ。

2014/11/26 (Wed) 20:16 | EDIT | REPLY |   

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET