管理人の勤務先は「交際費」を5,000円を基準に、補助科目を使って2つに分けている。
交際費=取引先を接待する為に要する費用や取引先と交際する為の費用

「交際費」は税務上の取り扱いが異なり、経費(損金)にならない
参考:国税庁 交際費等の範囲と損金不算入額の計算

5,000円超えは、交際費(損金不算入) 5,000円以下は、会議費など経費処理可

「5,000円基準」は、資本金にかかわらず、全ての法人が対象になる。
対象は「飲食等」という事なので贈答は含まれない。
「支出する金額を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下である費用」は
経費で落とせますよという事。

但し、領収書に下記の記載をる事が条件
イ 飲食等の年月日
ロ 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
ハ 飲食等に参加した者の数
ニ その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地(店舗がない等の理由で
  名称又は所在地が明らかでないときは、領収書等に記載された支払先の名称、住所等)
ホ その他参考となるべき事項
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET