医療費控除の特例として、2017年1月から「セルフメディケーション税制」が施行された。

従来の医療費控除制度は、1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費が、
自分と生計を一にする家族の分を合わせて「合計10万円」を超えた場合、確定申告する事により、
所得税が一部還付・翌年の住民税が減額される制度だが、
今年度から、治療の為に購入したOTC医薬品の代金も、この医療費控除制度の対象となった。

税制対象の医薬品の識別マーク

「スイッチOTC医薬品」 とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品で
約1,500品目あり、厚生労働省のホームページに掲載されている。
※ 税制対象品目リストは2ケ月毎に更新

税額控除額は1万2千円超 ~ 上限8万8千円迄を、その年の総所得金額から控除
なので、これまで年間医療費が10万円未達で諦めていた人も対象になり得るかも。

只、おじさんは勘違いしていた。
「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」として上げられていた
健康診断やインフルエンザ接種費用も対象になるのかと思ったら、これは取組の費用であって
あくまでも、今回の特例の対象は「医薬品」の費用だけ でした。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET