先週末、職場の駐車場にゴミの不法投棄があった。
市の維持管理課に連絡したところ、私有地内のものは
回収出来ないとの事。

言い換えれば、公道に出しておけば、無料で片付けてくれるのだが、
会社としては、公道に移動する行為=会社の不法投棄となるので
NGとなった。

しかたなく、警察署生活安全課に連絡したところ
地元交番からお巡りさんが検分に来た。

監視カメラの設置やチェーンなどの囲いの自己対策も
勧められましたが、対応としては、周辺の聞き込み及び
巡回強化となりました。

今回の放置物は、明らかに投棄された物で落し物ではないので
拾得物扱いにはなりませんでした。

放置場所が道路から死角にあり、そこに捨てるにも、
周囲の位置関係をある程度把握して、不法侵入で車を
乗り付けての投棄と思われ、故意性=悪意も感じられるものです。
常習化されると困るので、対策はこれでいいのだけれど...

放置物の処分については、
速やかに引き取らないと処分する旨の貼り紙をしなさいとの事でした。

処分費用はというと会社負担
個人ではないので、市の粗大ごみとしての回収は不可で産業廃棄物として廃棄する事になります。
今回の放置物は、木・プラ・金具の混合物なので解体の手間もかかります。

[参考]拾得物の扱いについて
遺失物法の改正(平成19年12月10日施行)により
これまでは警察署に拾得物が届けられた場合、 落とし主を探し、また、落とし主からの連絡 を
待つ期間は6か月でしたが、その期間が3か月に変更されました。(知らんかったぁ)
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET