造成費用・地目変更費用は土地の取得価格に含めて
処理する(法人税基本通達7-3-4の注書き)が、借地の場合は、どう処理すればよいのか?

貸主負担でやってくれれば良いが、
それでは中々貸して頂けなかったり
賃借料に跳ね返って来るだろう。

貸主がアスファルト舗装して貸し付けた場合、
構築物の貸付と見做され課税売上となる。

参考サイト:駐車場の新設に際して支出した整地費用等

[例]借地を農地に地目変更し、駐車場にする為、整地する場合
その費用を全て、土地勘定(減価償却なし)で処理
所有者ではないので、固定資産課税台帳に記載はなく、固定資産税は掛からない。

傾斜している土地を切り崩して平坦にするとか、道路面より低い土地に盛土をする
場合など大規模な土地の改良と言えるものでなく、あくまで簡易な整地であれば、
「土地」の取得費とはせず「構築物」の取得費に算入出来る。
例えば、雨水が溜まる箇所にアスファルトの歩行帯を設置する場合

参考サイト:造成工事に関わる勘定科目を教えてください
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET