ゆうちょ銀行の貯金限度額は普通貯金・定期貯金・定額貯金等を
合わせて一人1000万円迄である。


1000万円を超えて預け入れる事は出来るが、超過分には利息が付かない。
超過する分は、自動的に「振替口座」と言う口座に振り替えられる。
「振替口座」は、残高が「()カッコ」表記となる。

口座開設時の設定は、「通常貯金ご利用の上限額」が1000万円となっている。
定期貯金・定額貯金で1000万円の枠を使いきった場合は、
通常貯金の設定を0円に減額し、利息の付かない「振替口座」で利用する事となる。

利息や保険金の受取などで知らない内に、合計額が1000万円を超えると
貯金事務センターから「貯金ご利用総額のご確認のお願い」というハガキが届く。
総合口座だけでなく、定額貯金など別通帳とも名寄せされ合算して管理されている。

ハガキの案内に従わず放置しておくと、次の手続きに移る。
 1.「貯金払戻証書(金券)」を発行して送り付ける。
 2.それでも、減額しない場合は、強制的に国債に換金する。

なお、この限度額を引き上げる動きもある。
【限度額の推移】
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET