職場でフォークリフト講習会があった。おじさんは修了証はないが参加。

講習の中で記憶力のテストがあった。
赤・青・黄のサイズ違いの文字・数字・図形を3秒間スクリーンに表示
どれくらい覚えられているか設問



Q1)数字の「2」は何個ありましたか? A)3個
   回答者は二人目で正解

Q2)背景は何でしたか? A)富士山
  回答者は二人目で「山」と言い正解
  表示されるものに視点が集中していたので背景を覚えている人は少なかった。

こんなようなテスト(イメージ)

再度、同じ方法でテスト
但し、今回は先に質問内容を告知

Q)数字の「2」は何個ありましたか? A)4個
  回答者は二人目で正解 但し、今回は正解者は多かった。

つまり、注視する作業が限定していれば、正確性が格段に増すという事だ。
「作業を限定する」とは作業を細分化(区切る)し、
細分化した作業ごとに結果を確認していくという事だ。

一連の荷役作業においても、一動作ごとに確認(指差し呼称など)を行うと安全性が増す。
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET