[新聞からのネタ](弁護士 井垣康弘)

非行少年には四つの共通点があるように見えます。
 ・ 心の居場所がない。
 ・ 自尊感情がない。
 ・ 人生の目標がない。
 ・ 他者から必要とされていない。

少年裁判官ノオト
少年裁判官ノオト
posted with amazlet at 15.03.29
井垣 康弘
日本評論社
売り上げランキング: 9,267

しかし、四つのゼロ状態に置かれた少年でも、他者を殺してしまう非行に至るのは極僅かで、
実際には、遙かに多くの子供が自殺してしまう。少年のデータを調べてみると、
1年間で殺人の既遂が8人、傷害致死が17人。一方、自殺者は547人もいる。
社会は少年による殺人事件に怯えるよりも、それ以上に四つのゼロ状態に置かれた
子供が自殺している事に、もっと関心を持たなければならないと思う。

管理人は、「四つのゼロ状態」は先に自殺者の心身状態の事かと思いました。
そこには、他人も巻き込むか否か、もう一つの意志が存在するように思います。

エッセイスト 飛鳥圭介のコラム「おじさん図鑑」
よく若い人が「何でもいいから有名になりたい」と言う。多数の他人に己が
認められる事で、自分が「何ものであるか」が確かめられる、と思うのだろう。
つまり、人は他人に承認されなければ、己の存在に確信が持てず、
不安で仕方がなくなるのだ。


そして、ドイツ機を故意に墜落させたとされる副操縦士は、元交際相手に
「いつか体制全体を変える何かをするつもりだ。皆が僕の名を知り、
 記憶するようになるだろう」と語っていたという。

関連ページ:2014年度年間自殺者数
      現代人の悲鳴ドイツ機墜落に思う
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET