職場の地域広報に「糖尿病予防歯科健康診査」の案内があった。
残念ながら、住居地には、この案内はなかったように思う。

歯周病は糖尿病の合併症といわれています。糖尿病がある人は歯周病になりやすく、
重症化しやすくなります。医療機関が糖尿病の方に配布している「糖尿病連携手帳」を
活用して、糖尿病の治療状況と歯周病の管理状況を医師、歯科医師が確認し、
それぞれの治療に役立てることができるよう医科歯科連携を行っています。



歯周病は「糖尿病の6番目の合併症」とも呼ばれている。
管理人は、網膜症の検査として年1回眼底検査を受診するよう注意している。
歯科については、かかりつけ医より、年1回定期健診のハガキが送られてくる。


【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET