[ZIP-FM「MORNING CHARGE」]より 植田ラティス
ティーバッグで美味しい紅茶を入れるコツ



1.熱湯で入れる
 紅茶の香りは沸点に近い高温の湯で抽出する事により引き出す。
 沸騰直前の90~95度前後のお湯がベスト

2.先に熱湯を張る
 ティーバックに熱湯を注ぐのではなく、熱湯を入れたカップにティーバックを浸す。
 一度、少量注ぎカップを温めた後、湯を入れ替えて入れると良い。

3.カップに蓋をする(これは番組では紹介されていませんでしたが)
 蓋をする事で、抽出中に冷め難くなり、又、香りが揮発してしまうのを防ぐ。

4.香味が出る迄待つ
 ティーバックに書かれている時間を厳守(通常は1分~2分)
 上下に振ったり掻き混ぜたりしない。掻き混ぜると
 紅茶の色は早く出るものの、旨みが出ず紅茶の美味しさを損なってしまう。

5.静かに引き上げる
 揺すったり搾ったりすると、渋みや苦味が出るだけでなく、小さく砕けた茶葉が
 出てきて口当りが悪くなってしまうので軽く上下に振って湯を切るだけ。
 一度使ったティーバッグの二度使いは出来ない(出がらしはない)

管理人の入れ方なんて滅茶苦茶です。
 カップにティーバックを入れ、そこに湯を入れ、早く色が出るようにグルグル掻き混ぜた上に、
 一杯では足りず、必ず出がらしで二杯は飲んでました(汗)
【スポンサーリンク】

CM一覧 ( 0件)

まだコメントはありません。

CM投稿

NAME
TITLE
WEBSITE
COMMENT
PASSWORD
SECRET