ユーザータグ別表示  タグ:点検 [1/1]

社員食堂のグリストラップ

グリストラップ(油水分離阻集器)厨房からの排水に含まれている油や残飯を一時的に溜めておく装置下水道法第12条全ての業務用厨房から排出される汚水は、直接公共の下水道に排出するのではなく、グリストラップ内で浄化してから排出する事が義務付けられている。水質汚濁防止法(1970年法律第138号 施行1971年昭和46年)建設省(現:国土交通省)告示1597号(昭和51年 改正昭和57年公示)により、食事を提供する飲食店・学校給食・...

  •  0
  •  0

貯水槽の管理

「貯水槽水道」=水道事業者から供給される水のみを水源とし、その水が一旦、貯水槽(受水槽や高置・高架水槽)を経由した後、建物の利用者に飲用水として供給する施設の総称。具体的には、ビルやマンションのような3階建て以上の建物や、一時に大量の水を使用する所では、圧力が不足し、十分な水量が確保出来ない事から、一度、受水槽に水を貯めてから利用する「受水槽式給水」が採用されており、この方式の水道施設を言う。有効容量(最高水...

  •  0
  •  0

パニックオープナー

「パニックオープナー」とはなんぞや?東洋シャッターの水圧開放装置です。火災時に停電で電動シャッターが開かない時に活躍します。外壁面に設けた送水口金具に消防隊の送水による水圧で「水圧開放装置」内の水圧スイッチを作動(ON)させ、動作信号により「シャッター用非常電源装置」を起動し、電動シャッターを一定の高さまで開放させます。 消防法では、避難または消火活動に有効な開口部を持たない階を無窓階(令第10条の第1項...

  •  0
  •  0

エレベーターの点検

積載荷重が1トン以上のエレベーター(労働安全衛生法では「特定機械等」と言う)の場合※労働基準法別表第1に規定する事業所に設置されたものを対象建築基準法と労働安全衛生法の2法の規制対象となる。■ 建築基準法  国土交通省管轄 ・・・ 業種や用途、積載荷重に関わらず、人又は荷物を運搬する昇降機に適用  第12条2項 : 年1回 定期検査 を義務付け  定期検査は、建築大臣認定の昇降機検査資格者が行い、その結果...

  •  0
  •  0